2009年11月25日

おはなし音楽会

元々座っていた場所から、どんどん村瀬さんの方へズルズル進んで行く姿がなんとも面白かったです(笑) 今回は、村瀬さんの手品&手遊びつきで子供も大人も一緒になって楽しかったです♪♪ はっちゃんも、帰り道、教えて頂いた手遊び等をしながら
やっぱりここは押さえないと! 「デルタアタック」、手品とかと同じで、何かやるなと分かっていても、何度もひっかかっちゃいますね。やっぱり!という笑い。 谷口登場もキレイな引き。時には定型が大事です。
落語や手品、ビンゴ大会などの催し物もあり、それなりに賑わっていました。写真の落語家さんの後方には、佳辰でも常置している「神亀」の名称と“奉納 四斗樽 酒粕120キロ”とあります。きっとお正月の振舞酒と甘酒用なのでしょうね。
娘:ブルグミュラーより「前進」 ギロック「手品師」 息子:ギロック「インディアンの戦いのうた」 「アルゼンチン」 連弾:ギロック「コサックダンス」 ですがこのピアノのおけいこ
丘に立つ洋館の窓に灯がともるような美しい筆名に変えた人は、暗い記憶から光まばゆい風景を紡ぐ手品師でもあったろう。丘さんが92歳で死去した ◆「高校三年生」は二番の歌詞〈ぼくら/フォークダンスの手をとれば/甘く 匂 ( にお ) うよ黒髪が
丘に立つ洋館の窓に灯がともるような美しい筆名に変えた人は、暗い記憶から光まばゆい風景を紡ぐ手品師でもあったろう。丘さんが92歳で死去した◆「高校三年生」は二番の歌詞〈ぼくら/フォークダンスの手をとれば/甘く匂(にお)うよ黒髪が〉のくだりが
キャラが! 一番すごいのは清蘭役の遊井さんw しかしストーリーはフィクションなので毎回かなりの無理があるような。。。ヾ(^▽^;) シャッフルする人の指先の感覚って!昨日で 手品ネタ がかなりばれたような気がします _φ(.. ) もち
作詞 藤原基央 作曲 藤原基央 嬉しそうな並木道を どこへ向かうの すれ違う人は皆 知らない顔で 街はまるでおもちゃ箱 手品みたいに 騙すように隠すように キラキラ光る バスの向こう側で 祈りの歌声 今夜こそ優しくなれないかな 全て受け止めて笑え
第2回 菅原茂の創作奇術講座 前回までのあらすじ 手品ブログ界のトップを目指して旅を続ける日曜手品師は、たまたま訪れたバショウキネンカンで謎の女子高生静香と出会う。自分には霊能力がある、とうそぶく静香だったが
藤山流というのは 日本の伝統 奇術 (いわゆる 手品 )の流派ですね。 手品 から、掛け合いの漫才風「太夫と才蔵」、果ては水芸までてんこ盛り。 いやぁ、これぞ「芸」ですね。 あ、 手品 と書きましたが「手妻」と書くのが正しいです。

手品、かなり気になります。手品のアレやコレ。。手品とはなんなのか?
【関連する記事】
posted by ムラタ at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。